読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガジョー厩舎の牙城を築く

新米一口馬主が日々勉強していきます

2014年募集馬 キャロットクラブ パート1

とうとう来ました!!!

現段階では予定馬ではありますが、8割位はこの中から募集されるでしょうから、まずは血統から見ていこうと思います。

 

いやぁぁ長かった・・・

(素人2年目が好き勝手記載しているだけです。失礼な文面もどうかご容赦願います) 

 

「ヒルダズパッションの13」

父馬:ディープインパクト

 

母馬:6歳時の仔で初仔。戦績は不明だが、ネットなどの情報によると16戦していて3年近くの間に多くのレースに出走している。疲労感を残して繁殖にあがった可能性がるので、体調面には注意したいところである。バレリーナSが11年8月で勝利をあげ、11月にセールに出されている。2月には種付けされた計算となり、G1勝ちからは半年、セールからは3ヶ月と休養期間が少なめである。ダートでの活躍馬というのもこの父馬には好感である。

 

兄弟馬:初仔

 

血統:

f:id:gajyo:20140720204006j:plain

NorthernDancer≒Icecapae5×5・5・6で父馬に補填したい血は豊富に脈絡している。AloeやHyperionのスタミナ血脈も補填していて、文句ない感じです。

StoemCat血脈が持つナスキロ柔らかさはSirGaylord≒Secretariat5×6で補充している。ただその場合のパワーをONする血脈が持たない。ちなみにサトノアラジンやラングレーも同じような感じ。

 

感想:良いのだが満点では無いかなという感じ。募集金額が高額になることが安易に想定できるので、この父馬の場合は満点にしかいけないのではという感じが若干ある。この父馬にミスプロは正直とっても取り捨てが難しい。