読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガジョー厩舎の牙城を築く

新米一口馬主が日々勉強していきます

愛馬の予習

現在のガジョー厩舎所属馬は『8頭』いて

お世話になっている厩舎は『7厩舎』

ちなみに11/10現在のランキングでは6厩舎がBEST40内!

唯一あふれてしまった「伊藤先生」は・・・

 

 

110位…

ガーーーーーン!!!

 

がんばって~伊藤先生~

メイアルーアを本当に頼むよ~(泣)

 

今日は6厩舎の使い方をデータ上から考察してみたいと思います。

 

まずはレアリスタ・アドヴェントスでお世話になっている

『堀厩舎』

今年のダービートレーナー。記録更新などもあり今年は正直、昨年レベルの馬本位とは違う気がする。それでも勝率20%超えは1人だけで唯一無二の状態なのは間違いない。この状態は正直しばらく続きそうである。

 

ナイキフェイバーの14でお世話になる

『矢作厩舎』

昨年のTOPリーディング。レースを調教!という異名を持つ浅井厩舎を大きく上回るレース数・・・。堀先生とは真逆のタイプ。しかし、他の先生より2倍のレース数で、複勝率24.9%という事は、単純に他の厩舎より好成績を残しているという計算にもなる。

 

ザンスカールの

『安田厩舎』

安定の厩舎。勝率10%、連帯率20%、複勝率30%という数字が続く!THEお手本の厩舎。牝馬でも、ダートでも基本この数値がでてくる厩舎。ちなみに、この厩舎の1番人気馬の勝率は30%超え!これは当てはまる時に参考にしておきたい驚異的数値。

 

ラグランジュの

『西園厩舎』

メンコが特徴的なアノ厩舎。こちらも正直安定の厩舎の部類。若干成績は安田厩舎に劣る印象。こちらの特徴と言えば酒井学騎手が所属しているという事。基本、大きなレースになれば騎乗する事は間違いない。私は酒井騎手は意外に好きなので問題ありませんが。

 

パーフェクトマッチ14の

『萩原厩舎』

現段階でいけば堀厩舎より出走回数は少ない(馬房数は一緒)。騎手は基本関東に所属している騎手を使用する。一時の低迷はあったが、さすがの名門厩舎で今年は復活してきた印象。重賞を狙える逸材が入厩した場合の受け入れ体制は整っていそう。

 

フェザリータッチの

『吉田厩舎』

正直1番キャラが掴みづらい。準OP馬も在籍しているが、重賞実績や良績はダートに偏っている印象。芝でいけるかもしれないが基本ダートだよ!的な馬が多いのかもしれません。マウントシャスタの全兄も、そのようなタイプであった感じなので・・・

 

調べた結果で閃く事はなかったが、上の3厩舎は確かに凄いなぁ~と思います。

どの様な形であれ、TOPリーディングをとれる先生は、確立した信念を持ち合わせていますね。

 

各々諸先生方、我が愛馬をどうかよろしくお願いいたします

<(_ _)>