読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガジョー厩舎の牙城を築く

新米一口馬主が日々勉強していきます

意志の弱い自分の為に

遂にキャロットクラブ2015年募集が動き出しましたね!

7/10の一般公開ページにおいて2014年産募集に関しての正式な

「流れ」

が発表となりました。いよいよですね・・・ワクワク

 

そこで題目の通り、

意志の弱い自分自身の為に

以前調べた種牡馬シリーズを振り返りながら、

今年の募集予想馬を考察していきたいと思います!

 

 

先日調べた種牡馬シリーズから今年、お得感があると見た種牡馬は以下の2頭

 

「ハーツクライ」と「ゴールドアリュール」

 

  • 次年以降で種付け料金があがっている
  • 成績が右肩上がりの相乗効果で、今まで以上に期待値が高い繁殖牝馬と交配をされ始めてきた頃かと予想

 

そこで

キャロットで予想される、この2頭の産駒を調べてみる事に!

 

募集がありえそうなのは

『ゴールドアリュール』

  1. ブロードアピールの14 牡馬
  2. マチカネホレルナヨの14 牡馬
  3. ティフィンの14 牝馬

『ハーツクライ』

  1. イグジビットワンの14 牝馬
  2. ティエッチマンボの14 牝馬
  3. ココシュニックの14 牝馬
  4. データの14 牡馬
  5. アンプレヴーの14 牡馬
  6. リリサイドの14 牝馬

となる。

ゴルア産駒は少ないし、何か・・・調べる前から暗雲が立ち込めているのですが・・・

少しソートを掛けてみると

 

①出産時母馬年齢 15歳からは基本OUT!13,14歳は要CHECK

『ゴールドアリュール』

  1. ブロードアピールの14 牡馬 20歳
  2. マチカネホレルナヨの14 牡馬 16歳
  3. ティフィンの14 牝馬 8歳

『ハーツクライ』

  1. イグジビットワンの14 牝馬 12歳
  2. ティエッチマンボの14 牝馬 17歳
  3. ココシュニックの14 牝馬 7歳
  4. データの14 牡馬 11歳
  5. アンプレヴーの14 牡馬 8歳
  6. リリサイドの14 牝馬 7歳

 

これだけでも3頭が除外対象に・・・

 

ゴールドアリュール産駒は牝馬1頭のみに・・・

ハーツクライ産駒は牡馬が2頭、牝馬が3頭という状況。

 

ゴルア産駒の牝馬で活躍馬というと正直フーラブライト位しか思い浮かばないので、少し、牡馬牝馬での成績を調べてみようと思います。

 

次回は上記2頭の種牡馬における性別成績差を調べる事に!