読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガジョー厩舎の牙城を築く

新米一口馬主が日々勉強していきます

種付け料

前回の続きで、今回は種付け料からみてみる

今がお得!今しかない!

そんな種牡馬がいないか!調べてみます!

 

 

※今年の対象となる種付け年度にアンダーラインをひいております

 

「ディープインパクト」

  • 2012年 1000万
  • 2013年 1500万
  • 2014年 2000万 
  • 2015年 2500万

「キングカメハメハ」

  • 2012年 600万
  • 2013年 700万
  • 2014年 800万
  • 2015年 おそらく800万

「クロフネ」

  • 2012年 300万
  • 2013年 300万
  • 2014年 300万
  • 2015年 200万

「ゴールドアリュール」

  • 2012年 250万
  • 2013年 200万
  • 2014年 200万
  • 2015年 300万

「ダイワメジャー」

  • 2012年 500万
  • 2013年 600万
  • 2014年 500万
  • 2015年 500万

「ハーツクライ」

  • 2012年 300万
  • 2013年 400万
  • 2014年 500万
  • 2015年 800万

「ハービンジャー」

  • 2012年 400万
  • 2013年 400万
  • 2014年 350万
  • 2015年 400万

「ヴィクトワールピサ」

  • 2012年 350万
  • 2013年 300万
  • 2014年 300万
  • 2015年 300万

「ステイゴールド」

  • 2012年 600万
  • 2013年 800万
  • 2014年 800万
  • 2015年 600万 ※実質は2014年がラストクロップ

 

次年度以降に種付け料が上昇しているのは

  1. ディープインパクト
  2. キングカメハメハ
  3. ゴールドアリュール
  4. ハーツクライ

次年度以降に種付け料が下降しているのは

  1. ダイワメジャー
  2. クロフネ

 

お得感があるのはハーツクライとゴールドアリュールとなる。

あらかた成功している血統パターンが出てきている種牡馬の2頭だけに、ここは積極的に狙うべきかと思う。

ディープはどんどん高騰していて、募集価格が恐ろしい事になっていきそうですね・・・

(某クラブでは看板G1牝馬の仔が2800万というのは、本気で会員増を狙っているのでしょうね!)