読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガジョー厩舎の牙城を築く

新米一口馬主が日々勉強していきます

シルク募集馬について考察 パート2

2014年産募集馬 一口馬主

昨日はイキナリの生意気記事で本当にすいませんでした・・・

私も半兄の影響からかステイゴールドには相性良さそうと思っておりましたし、以前の15年POG練習時には確か上々の評価だったような気がしていたもので・・・

今日こそは!シルクに入会する気にさせておくれぇぇぇ

 

 

ということで本日は本馬!

『ベネンシアドールの14』 牝馬

父馬:ハーツクライ

母馬出産時年齢:8歳

母馬繁殖までの期間:未出走

兄弟成績:初仔でデニムアンドルビー(牝馬、ディープインパクト)は言わずもがなの活躍、二番仔はヤマノフェアリー(牝馬、ディープインパクト)もクラシック路線に乗りかけたのですが骨折で引退。半姉のロブロイ産駒は未勝利引退。一つ上の半兄(ダイワメジャー産駒)はセレクトセールで6500万の高値。

血統:

f:id:gajyo:20150619205950j:plain

米血が豊富な母馬に、米血や欧血に偏りが少ない父馬との配合となる。かなりの好印象である。ロブロイ産駒の半姉が未勝利引退だったのも偏り過ぎた米血という事で、説明も付く。ハーツクライ牝馬の活躍馬に多いミスプロ持ちも本馬は兼ね備えている。トライマイベストからブサンダ血脈も補填。現状のハーツクライ黄金配合の募集馬と言えるのではないでしょうか!

 

総合評価:入会します!出資させてくれるのであれば!是非ともよろしくお願いいたします。という感じ!もちろん字面上のお話で、馬体や厩舎次第でNGという事もありえますのでね・・・

 

ちなみに現状で予定されている募集馬については、他の馬は色々思う処が現時点ではあるかなぁという感じですかね・ディアジーナの14は全兄がおりますので、私みたいな素人が調べる事もなさそうですし・・