読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガジョー厩舎の牙城を築く

新米一口馬主が日々勉強していきます

2014年募集馬 ロードTo 考察メモパート4

ロードTOの募集期間が11/14迄って、ほかのクラブと比べると結構ゆったりですよね。

何かじっくり楽しめるというか、やっぱり、ガジョー厩舎は駆け出しなので、血統調査にも時間がとても掛かるので合っているというか、助かるというか。

 

さてさて、昨日までの続きですが

 

 『ワンフォーローズの13』

  • 高額な募集金額
  • 既に大きい馬体(トモ高でこれからも増量するのが確定的)
  • キンカメ牝馬
  • 何故、全姉から厩舎が変わったのか(プラスにもマイナスにも)

 上記が昨日、箇条書きしたリスクになりますが、1つ1つ調べていこうと思います。

 

「高額な募集金額」

→ 全姉は獲得賞金¥18,000万で、本募集馬の募集金額が¥4,860万で倍近い可能性を秘めていることになるが、8歳時の黄金繁殖期と14歳時という高齢の域に片足突っ込んだ、産駒に期待できるかどうか。

結論:△

 

「既に大きい馬体」

→ 正直一番気になる問題がコレ!DVDの動きを見る限り気にならなそうではあるが、かなりのトモ高で、少なく見積もっても30㌔は増量しそうである。そうなると500㌔を超えた牝馬で、この父馬産駒で活躍した産駒はいない。ただ、全姉を含めアパパネなども500㌔近い馬体であったことから、全くダメではないのだろうけど・・・正直微妙!

結論:△

 

「キンカメ牝馬

→ この問題は難しいですが、全姉が走っているのに、これだけで出資を見送ろうとはなり辛いというのが本音。全く気にしない訳ではないが、ここはOK。

結論:○

 

「厩舎変更」

→ これは私が無知でした・・・全姉は池江厩舎→笹田厩舎という転厩組みだったのですね。1つ上は角居厩舎のスト対応の為、藤原厩舎という流れであり、そのまま2年連続という感じ。全然リスクでも何でもありませんでした。失礼いたしました。

結論:○

 

という感じ。

募集金額と馬体、そして年齢といった点をもう少しみる必要がありますかね!