読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガジョー厩舎の牙城を築く

新米一口馬主が日々勉強していきます

気になったことを深く調べてみる

昨日は延期となっていた注目の新馬戦がありました。

というのも出資するかどうかを真剣に悩んだ、

 

ノルマンディーオーナーズクラブ

 

「タニノハイクレアの12」

こと

「グレイスフルワード」がデビューいたしました!!!

 

そして見事にデビュー勝ちという、最高のスタートを切りました!!正直、悔しいという気持ちも生まれました。しかし、納得して出資を見送った分だけ、素直に応援したい気持ちとなりました!!もちろん初勝利のタイミングを逃したことはとても残念でしたが・・・( ;  ; )

 

そして本日はその「納得して出資を見送る事が出来た要因」を造ったのあの馬について調べていこうと思う。

 

あの馬の気になる点は2つあって「気性」と「母高齢の域」という点である。

前者は悪という事ではなく、良い方にも捉える事が出来るので、判断し難いが、後者はデータから、ある程度の推測や過去の実績を見ることが出来る。

 

と思い、ちょっと調べてみたら面白いデータが出てきました!!!

 

母馬が13歳以上で繁殖された活躍馬(賞金100,000,000以上にて)で検索してみました!!!

その結果がコチラ!!

 

13歳

インペリアルマーチ

 

14歳

ヴィクトワールピサ

ゴールスキー

ユニバーサルバンク

ジョーメテオ

 

15歳

アドバンスウェイ

 

17歳

ミカエルビスティー

 

18歳

アンライバルド

 

ご気付きかと思いますが、上記の活躍馬にある共通点があります!!

 

 

 

それは・・・・

 

 

 

 

父馬が一緒という事!!!

 

しかも!!!!!!!!

 

ネオユニヴァース」!!!

 

そうです!!あの募集馬の父父馬です!

 

追記すると、ネオユニヴァース産駒で賞金1億以上獲得したのは全18頭おりますが、その内13歳以上での産駒活躍馬は7頭。実に39%ということになります。

 

この父血統は以外に高齢域と相性が多いのかも・・・と、かなりポジティブに、捉えたり…

といっても14歳時の産駒がとても多いので、15歳以上は微妙なのかもしれませんが・・・

明日以降は他の種牡馬の状況も調べていこうと思います!