読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガジョー厩舎の牙城を築く

新米一口馬主が日々勉強していきます

2014年募集馬 キャロットクラブ パート12

今年はステイゴールド産駒の募集馬が増えましたね!ダイワメジャー産駒が増えるのはある程度予想していましたが。再来年はハーツクライ産駒も増えそうですけどね・・

 

本日も素人が好き勝手に言っているだけですので、どうか、不機嫌にされてしまう箇所がありましても、どスルーして頂ければ幸いです。

 

クリソプレーズの13 牝馬

父馬:ステイゴールド

 

母馬:23戦して3勝し、繁殖まで9カ月程度休養してから繁殖にあがっているので、疲労感はあまりない良い状態で繁殖にあがっている事が推測される。

 

兄弟馬:初仔(父:ディープインパクト)は2勝。二番仔(父:ゴールドアリュール)はご存じクリソライトでJDDを勝つなど、兄弟馬は今のところ駄馬は出しておらず、繁殖として、母馬が名繁殖である可能性が高い。三番仔(父:ディープインパクト)も2勝しており、先週の日曜も正直惜しかった・・四番仔(父:ゼンノロブロイ)は夏には入厩して年内のデビューが目指せそうな感じで今のところ順調にきている。

 

血統:

f:id:gajyo:20140803173245j:plain

この父馬には相性が悪いステゴ×ミスプロである。ノーザンダンサーのクロスでパワー血統も補填しているが、ミスプロのジンクスを破れるのでしょうか・・

 

感想:正直・・・本馬が走るとなると相当、母馬の繁殖ポテンシャルが高いという事が証明できるのだと思う。もう、何をつけても走っちゃうみたいな!

まぁガジョー厩舎としては、兄弟馬の実績からして、それなりの募集額でしょうから手が出しにくい事だけは確かである。