読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガジョー厩舎の牙城を築く

新米一口馬主が日々勉強していきます

2014年募集馬 キャロットクラブ パート2

2013年産募集馬

今年はキンカメ産駒が少ないなぁ~という感じ、逆にダイワメジャー産駒は多いというのが初見で感じた事でした。

それと、正直もっと今年の募集馬は微妙なのかなぁと思っておりました。

私の感じですが、中堅クラスが少ないのではという感じですが・・

 

(2年目の素人が勝手に記載していので、失礼な部分もどうかご容赦願います)

 

「レディドーヴィルの13」

父馬:ディープインパクト

 

母馬:8歳時の仔。半姉にファビラスラフィン。自身も重賞勝ちしている。調べる限り08年5月が最後の出走なので、10年3月までたっぷりと休養しており、疲労感はまったくと言って良いほど休養してから繁殖にあがっている。

 

兄弟馬:初仔(マンハッタンカフェ産駒の牝馬)はデビューは昨年末。先週のレースでも勝ち上がる事は出来ずでいない。二番仔(ハーツクライ産駒の牝馬)4月生まれと若干遅生まれながら6月にはデビューしている。ただしレースには正直ならず、最下位のレースになってしまった。

 

血統:

f:id:gajyo:20140720221635j:plain

NorthernDancer5×4で、相性が良さそうな強さが出るような血脈は補填しているが、実績のある血脈は補填できていない。

 

感想:動画がよほど良い感じでなければ・・・もちろん良い馬なのでしょうが、金額も高額でしょうからガジョー厩舎として血統的にはパスですかね・・